本文へ移動

まいさぽ塩尻

塩尻市生活就労支援センター「まいさぽ塩尻」のご案内

生活困窮者の相談窓口が開所しました。

平成27年4月から生活困窮者自立支援法がスタートしました。
くらしのこと、仕事のことなど、1人で悩まずご相談ください。
(相談はご本人でなくても構いません。)
※「まいさぽ塩尻」の「まいさぽ」は、「マイサポート」の略です。
 
相談は無料、秘密は厳守します。
 
相談例
・病気があり仕事や生活が不安。
・働きたくても仕事がない。
・借金や多重債務で生活が苦しい。
・引きこもりの家族がいる。
・お金がうまく使えない。
・生活に必要なお金を貸してほしい。
・生活に困っているが相談できる人が周りにいない。
・近所で心配な家があるが、どうしたらいいのかわからない。
など、生活上何らかの悩みを抱えている人が対象です。
(ただし、生活保護受給者は除きます。)

●支援内容

就職や住まい、家計管理などの困りごとや不安をまず相談してください。
生活上の問題・悩みを確認・整理し、どの支援が必要か、支援員が一緒に考えます。
具体的なプラン(※プラン作成に同意が得られた方)を作成し、自立に向けて支援します。

【具体例】
■仕事を探している人など、就職に関する悩みがある場合
・一緒にハローワークに行ったり、求人誌等を見てご希望に合った仕事を随時お伝えします。
・市福祉課就労支援員とともに、就職に向けた支援をします。(必要な場合)
・履歴書の書き方がわからない場合に、その支援をします。
・雇用保険の受給資格がある方については、手続きの支援をします。

■住まいに関する悩みがある場合
・寮付きの仕事を紹介します。
・住まいを探している方については、一緒に不動産屋を回ったり物件を探したりします。
・離職などにより住まいを失う恐れのある方については、就職活動をすることを条件に、一定期間家賃相当額を支給します。ただし、すべての要件を満たすことが必要です。
※要件についてはお問い合わせください。

■その他
・食事が摂れない方には、お米や食糧の配給をします。
・生活保護相当の生活をしており、その申請を希望する方には、福祉課の窓口へつなげます。
・法律相談、成年後見相談、介護相談等各種相談窓口を知りたい方には、窓口を紹介します。
・医療受診が必要だと思われる方には、病院へつなげます。
・給料や年金が出るまでの間にライフライン(電気・ガス・水道・電話など生命維持に必要なもの)が止まる恐れがある、何らかの理由で急にお金が必要になった場合、貸付窓口を紹介します。
※要件についてはお問い合わせください。

●相談窓口

【相談時間】 午前8時30分から午後5時15分まで
※予約をいただくとスムーズです。
また、事前にご連絡をいただければ、この時間以外の対応も可能です。
【休 業 日】  土日祝日、年末年始(12月29日から1月3日まで)
 
塩尻市大門六番町4番6号 塩尻市保健福祉センター1階
塩尻市生活就労支援センター まいさぽ塩尻
電話 0263-52-0026
FAX 0263-52-0067
 
※塩尻市民でない方は、お住まいの地域のまいさぽへご相談ください。
社会福祉協議会事務所

社会福祉法人
塩尻市社会福祉協議会
〒399-0705
長野県塩尻市広丘堅石2151-2
TEL:0263-53-7564
FAX:0263-53-5029


TOPへ戻る